無難に選びたいならWindowsパソコン

取り敢えずなにをするのかわかっていないけど、パソコンが欲しい!という人なら、Windowsパソコン一択です。未だに9割のシェアをもっていますし、わからないことがあってもすぐに人に聞けますので、初心者ならWindows搭載のパソコンを選ぶのが無難でしょう。Windowsが特に強いのはゲームです。パソコン用のゲームは9割以上がWindows向けに作られています。ゲーム目的で購入するならWindowsがベストでしょう。

お仕事で使うならMac

昨今はオフィスなどでMacパソコンを目にする機会が増えてきました。これには理由があります。どういうことかというと、Macは仕事などで使用するのに、非常に都合のよいパソコンだからです。そもそもMacはUnixと呼ばれるオープンソースを独自にカスタマイズしたOSなので、オープンソースを多用する仕事の現場では非常に相性が良いのです。仕事の効率化ツールなども、ほとんどはUnix系列を前提に書かれていますので、Macだと仕事が捗ります。

ウェブを見るだけの利用ならChromeBook

昨今のパソコン市場で、急速にその存在感を増してきているのが、ChromeBookと呼ばれるパソコンです。基本的にはノートパソコンでしか発売されていないのですが、特徴はGoogle Chromeと呼ばれるブラウザしか起動しない点です。しかしそれで何もできないかというとそうではありません。文書の作成もメールの作成も動画の再生も全てブラウザから行えます。ブラウザだけしか入っていないので起動も高速で、また価格も非常に安いものが多いのが特徴です。ホームページしか見ない、という使い方をする人には、これで十分な場合もあります。

パソコンとは、パーソナルコンピューターの略です。1990年代後半から普及率が上昇し、企業等でも多く使用されています。