省エネ効果が有るので様々な場所で利用されています

LED照明は白熱球や蛍光灯と比較した場合、電気代が安くなると言われており、少ない電力で照明として利用出来る事からも、様々な場所で活用されています。例えば、電車の中に照明はLED照明が主流になっていますし、道路に設置されている自動車用の照明器具や街灯などもLED化が進められており、省エネ効果を得る事が出来るようになっています。更に、LED照明には省エネ効果だけではなく、寿命も長いと言った特徴が在ります。寿命が長くなる事で交換頻度も減ると言うメリットにも繋がると言う事です。

LEDの寿命ってどのくらいなの?

LEDは半導体素子と言う事からも寿命が長いと言いますが、この寿命は白熱球や蛍光灯などと比較したもので、LED以外の照明器具を利用しているよりも交換する頻度が少なくなると言う意味でもあるわけです。一般的にLEDは4万時間、白熱球が1000時間から2000時間、蛍光灯が6000時間から1万2000時間と言われているため、LEDの寿命は長いと言えますが、寿命が長くなる事でのメリットは交換する頻度が少ない、交換する時の費用が掛からないと言う事でもあるわけです。

交換頻度が少なくなるメリットとは?

住宅内でLED照明を利用する事で交換する頻度が少なくなる、電球などを買い換える必要が無くなると言うメリットが在るわけですが、街中の街灯で利用しているLED照明も交換する頻度が少なくなるため、全体的なコストを削減する事が出来ると言うメリットも在ると言う事です。街灯の照明器具を交換するとなれば工事業者に依頼をして交換が必要になりますが、寿命が長い事からも、交換等の手間を削減する事が出来る、工事業者に依頼する頻度も少なくなると言うメリットもあるわけです。

ledパネルは、実に様々な家電製品や街頭のいたるところで応用されることがあり、性能の良しあしに注目をすることが有効です。