そもそもネットワーク監視とは

一般企業で行われているネットワーク監視は、今やネットワーク社会と呼ばれるこの時代に必要なシステムです。なぜかというと、ビジネスや、連絡等仕事で必ずと言っていいほどネットワークを用いるからです。しかし、当然ながら沢山の人がネットワークに接続しますので、時間が経てばネットワークもパンクしてしまいスピード等が低下してしまいます。そうならないためにもいち早く発見、改善するのがネットワーク監視と呼ばれるシステムです。

ネットワーク監視で監視される項目

ネットワーク監視では大きく分けて三つの項目が監視されます。「死活監視」、「遅延監視・経路監視」、「状態監視・リソース監視」ですこの中でも監視対象機器のCPU使用率、メモリ使用率等を監視するハードウェアの状態監視、プロトコルと呼ばれるによりサービスが実現しますが、このプロトコルが正常に稼働しているのか監視するサービス・プロトコル監視、トラフィックと呼ばれる送信されたデータ量などが正常化を調べるトラフィック監視、監視している危機が異常を起こさないように監視するTRAP監視の四つが挙げられます。

ネットワーク監視の必要性

今の時代は、365日24時間休みなくネットワークは動いています。動画や音楽を聴く際にもネットワークは使用されます。なので、少しの異常でも私達の生活に悪影響を及ぼすと言っても過言ではありませんそうならないためにも未然に異常を防ぐ、いち早く修復、改善することが求められます。しかし、人の手でネットワーク監視を休みなく行うことは人員のコストもかかりますし、現実的にも不可能です。ですので、ネットワーク監視は私達の仕事の効率化をサポートしてくれるのです。

ネットワーク監視業務は、ITの知識や資格を活かして働くことができますが、社内ネットワークなどは24時間稼動していることが多いので、勤務時間も24時間体制のシフト制であることがデメリットだと言えます。